メニュー 閉じる

私たちについて

はじめましょうハーブのある暮らし、地球の未来をつなぐ行動。
Planetary Food & Herb Educator Lesson

優しい、次世代の子どもたちのための暮らし方。コロナ禍の中、私たちはどう暮らしていけばいいのでしょうか。

この地球と環境について学ぶことが、未来への扉を開ける第一歩へとつながります。環境とは?エコロジーとは? さまざまな方向から学び、自然の循環を理解することが必要です。

ハーブは色々な力を持っています。お料理に、ヒーリングに、メディカルに、お花を飾ってライフスタイルをリフレッシュ。たった一つのハーブから、無限に広がる自然の豊かさを学ぶことができます。

まずは、ハーブを植え、育て、収穫して、お料理して、みんなでいただきましょう。この5つのステップを体験しながら、地球環境とハーブについて総合的に学んでいきましょう。

田中愛子

代表・講師 田中愛子

Aiko Tanaka Culinary School 校長
作家/日本の食の歴史研究家
内閣府地方創生SDGs産学連携プラットフォームSDGsのためのフードスタディーズ研究会発起人幹事
大阪樟蔭女子大学教授(2014~2020)
食育ハーブガーデン協会理事長
観光庁外部専門人材
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 概要-1024x688.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: philosophy03.png

詳細はこちらから

食卓の上のフィロソフィーは 代表 田中 愛子の提唱する、家庭の食卓から地球の未来を変えるための10のメッセージです。この哲学に基づき、3つの組織が運営されています。

株式会社キッチンカンバセーション
田中愛子クリナリースクール
フードアクティビスト協会